TAKEDAOローンテニス倶楽部/Jr.倶楽部ROSSO

TAKEDAOローンテニス倶楽部・Jr.倶楽部ROSSO 兵庫県宝塚市

 

Instagram

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

tennis note ページ181 兵庫県夏季ジュニアU15本戦!

昨日で兵庫県夏季ジュニアU15の本戦が終了致しました。
ROSSOジュニアの結果は男子シングルスベスト4、男子ダブルス準優勝でありました。

準決勝のシングルスの試合では序盤戦の4-2UPのリードを守り切れず
終始攻めの姿勢で戦い抜いた事は評価できるが大事なところでの
やはりミスが祟り6-7の逆転負け!

決勝のダブルスにおいては5-5まではキープが続き終盤の大事なところでブレークを許してしまい
5-7負け!

何れも要でのミス!やはりテニスはいいショット打ち続ける事も大事ではあるが
ミスをした方が負けしまう。特に大事なポイントの時は絶対である!

この事を肝に銘じてこれからの練習に活かしてほしい!!
 

2019-09-23 14:21:07

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ180 9月 ROSSOゲーム練習会&トレーニング!

実施日 2019年9月16日(祝月)9:30~
6ゲーム先取セミノ-アド  シングルス4~5試合、ダブルス1~2試合

次の大会に向けて課題をそれぞれ持った上でのゲーム練習会!
ショット、戦略、メンタル、のバランスが全体的にまとまりがなく
ムラが多い様に思えました。

8月よりゲーム会終了後の1時間30分程のトレーニングを一緒に行ない
みんな最後はヘトヘトなり1日の練習を終えてくれました。中には平気な子もいたような、、、、?

先ずは焦らず、急がず、ある意味マイペースで自分にかせている課題クリアーに
全力を注いでほしい!
来月にはROSSO Campがあります。体調管理も含め万全で臨めるように!








2019-09-17 12:15:55

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ179 過保護と過干渉!

過保護とは『子供が望んでいる事』をやってあげること!
過干渉とは『子供が望んでない事』をやってしまうこと!

何が大切か?要は子供が望んでいるかどうかだと思います。
指導者にも親御さんにも責任があります。

アドヴァイスをし過ぎるとミスをする度に聞いてくる。
先ず自分で状況判断をして修正していかなければいけません。
ただ、アドヴァイスを聞いてくる事は前向きで上手くなりたいからなので
評価は出来ます。
なんでもやり過ぎが問題!このバランスが非常に難しいところです。

不味いのはやはり過干渉!ここは最も注意しないといけないところです。
良くないのは本人が望んでもないのに親の勝手な考えや
指導者の偏った考え等を選手に押し付ける事!


夏の大会はU17、U15の夏季ジュニア本戦を残していますが
冬に向け新たに練習をしていく中で子供達との
接する角度を少し変えて計画を持って指導に当たりたい!
 

2019-09-11 12:20:46

コメント(0)

折りたたむ

tennis noteページ178 試合において心がける事!

夏の試合も中盤戦に入って行く中、練習では出来ているのに
試合になると思うように行かない!このような選手は沢山いると思います。

どうしても試合になると不安心や恐怖心が邪魔をし自分本来のテニスが出来ない!
自分のミスの事、相手のいいショットの事、それによってネガティブな気持ちになり
負けてしまう連想をしてしまいます。こうなると絶対に勝てない!

原点に戻る!ボールをしっかり見て懸命に追っかけ、そして自分のテニスを
やり遂げる事だけに先ずは徹底し集中力を高める事、絶対に余計な事は考えない!

先日トップアスリート神戸のジュニアチームとの合同ゲーム練習会にROSSOから
7名参加させて頂きました。途中から試合に負けたROSSOジュニア女子が駆けつけました。

本人の表情を見ると試合に負けたあとの屈辱感、精神的な疲労感、イジケモード一杯で
私は即強制参加をさせ自分のテニスができるまで現地のコーチに頼んでゲームを入れ続けました。
1~2試合目はそのまま試合の気持ちを引きづり全く精彩に欠け、彼女に一言だけ
『このまま全敗で帰る気か、お前には意地がないのか』本人ははっと気付いたのかどうなのかその後の試合は別人テニス!

負けた後の練習は非常に大切、絶対にこの感覚は忘れてほしくありません!
正に原点に戻れた瞬間だったと感じます。

 

2019-08-15 11:31:35

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ177 強くなって行く事で大切な事!

心技体良く聞く言葉です。
選手としてどれが欠けても成り立ちません。

常に状況判断ができその中で相手の弱点を見つけすばやく戦略を立て
試合を進める事が出来れば恐らく強い選手になれるでしょう。

ただ強い選手である前に一人の人間である事も事実!
やはり人間性も不可欠である。

勝つことだけに執着し過ぎると時にはテニス道から外れ
不誠実なジャッジ、相手選手に対しての暴言、コート上での悪態、
これらは全て謙虚さがなくなると出てしまう。実に本末転倒です。

強くなりたい、勝ちたいと思う事は絶対に必要な事!
ただこの事だけが『目的』になってはならない、人間形成上、あくまでも『手段』であるべきだと常に思います。
 

2019-07-08 20:20:51

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ176 静かなる成果!

先日、ある高校生の女子が快挙を成し遂げました。
市内大会で見事シングルス優勝! 兎にも角にも優勝することは大したものです。

普段から決して感情を表に大きく表わすタイプではなく静かにコツコツ努力を重ねるタイプ!
恐らく今まで悔しい思いや、不安になる気持ち、もしかしたらテニスが嫌になりそうになった事が
あったかも知れません。 

ROSSOに来てから約4年が経ち見違えるように成長しています。
自主性が芽生え積極性が生まれる。人は信念を持つと変われる!
彼女が証明してくれたようなものです。
これからも自分を信じて心に芯を持って頑張ってもらいたい!
 

2019-06-11 16:28:39

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ175 6月ゲーム練習会!

実施日2019年6月9日(日)12:30~

夏の大会に向け少しずつ実践モードに入ってきたROSSOジュニア!
中でも今月から初参加のJIクラスの男子達、テニスのプレイ以外で
学んでいかないといけない事が沢山あります。

先ずはテニスが上手くなりたい、テニスが強くなりたいと思い続ける事!

そしていつしかテニス道に邁進し人間成長を遂げ一回りも二回りも
大きくなっていく姿が楽しみです。






 

2019-06-11 11:06:40

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ174 ROSSOジュニア強化練習!

2019年4/30(火)~5/2(木) 3日間 9:00~18:00

みっちりメニューの中、最後はROSSO名物、心臓破りの坂道ランニング!
J2、JTは徹底的にストロークの打点の安定、特にキープボールの反復練習。
JPについてはストロークの強弱、展開のスピードUP、カウンター練習に
ポイントをおいて行ないました。

2日目後半からはゲーム練習も入れ実践の中でジュニア達それぞれがチェック出来たと思います。
中でも今回U13の男子達の成長は目を見張るものが感じ取れました。
パワー、スピード、展開の早さ、精神的な落ち着き、粘り、どれをとっても1ランクUPしてきました。

何とかこの感覚を維持できるように夏の大会に向け切磋琢磨してほしいものです。













2019-05-03 16:16:13

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ173 春季ジュニアを終えて......!



4月7日(日)しあわせの村にてU16 兵庫県春季ジュニア本戦が行われ全てのカテゴリーの
大会が終了しました。

結果はU16シングル本戦出場選手4名(男子3名、女子1名) 、ダブルス1組
ROSSOジュニアのU12,U14の男子も応援に駆け付けてくれていつになく
本戦会場のチームの雰囲気が盛り上がったように思えました。

今大会が全て終わり選手達もひと学年上がり心身ともに成長していく中で
また色々な感情とのぶつかり合いをし夏の大会に向け準備に入ってもらいたい。

もっともっと今より練習をして行こうと考える選手や一寸一休みをして充電期間を作りたいと
考えている選手、色々だと思います。

何れにせよ夏に向けて自分を見つめ直す時間は非常に大切な事!

ただそれが『間』ではなく『魔』にならぬよう選手を信じたい!


 

2019-04-11 12:38:22

コメント(0)

折りたたむ

tennis note ページ172 努力とは......!

現在、兵庫県春季ジュニア(関西ジュニア兵庫県予選)の予選の真っ只中!
U12、U14、U16の予選が全て終わりました。

昨年の冬から目標にしてきた春季ジュニア、本戦に上がれた選手や
惜しくも予選で敗退してしまった選手も色々思いはある事でしょう。

目標に向かって努力をしていく、この事は頭の中で理解していてもいざ
行動にしていく事は意外に難しい!なぜならば、自分自身が邪魔をしてしまうから、、、、

勝負に対しての不安や恐怖、ネガティブ性からくる自信喪失、他の選手との比較からくる焦り、
かと思えば、上手く行った時の爽快感、勝利した時の充実感、目標をクリアした時の達成感
言わば色々な感情が出て来る中でどう向き合って進むかテニスはある意味過酷なスポーツです。

結局、努力して行くしかない、では一体努力とは何?

努力は決して近道ではない、
努力は決して無駄ではない、
努力は決して妙策ではない、
努力は決して人に言うものではない、

努力は年数をかけて絶対に積み上げて行くもの
知らず知らずのうちに身になって行くのが『努力』!
コツコツに勝るものなし!

今週からU18予選が始まります。
積み上げてきた努力を武器に頑張ってもらいたい!

 

2019-03-19 12:10:56

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5